ある日熱があり、風邪だと思ったが病院にいってみるとインフルエンザだったことがある経験をした人も多いと思います。風邪とインフルエンザは素人からすると見分けるのが難しい病気です。

インフルエンザと維持と数のこと

一度、インフルエンザにかかってしまうと、体調を元の状態にすぐに維持することは、簡単なことではありません。
まず、インフルエンザになる前には、酷い悪寒と震え、そして手足がガタガタと振動していることが分かります。

ただ、これだけでは、インフルエンザではないだろう、と仕事を第一に考え、体よりも仕事を懸命に維持をされている方の場合、または信頼を裏切るわけにはいかない、と先輩や部下のために、一生懸命働いている方の場合には、インフルエンザのこのような予兆を気づかないようにしてしまう節があります。

その結果、症状が最悪まで悪化した段階で、インフルエンザにかかってしまったということに気が付くのですが、この状態は本人にとっても、大変に辛い状況になっています。

このインフルエンザの数についてですが、恐ろしいことに、日本や世界の研究者が日々、データなどを収集し、対策を練って、新しい薬を開発、または予防注射などを開発していることをあざ笑うかのように、次から次へと新しい数のインフルエンザのウイルスは大量に発生しています。

これは、年ごとによっても異なりますが、多い年には、誰も予測出来なかったような数のウイルスが大量に発生し、または海外から、日本へと大流行を持ち込んでくるケースがあります。

そのため、予防注射をした場合でも、それが別の新しいタイプのウイルスであった場合には、予防注射がうまく体の中に機能しないケースが多く、特にお年寄りの方やまだ体が小さなお子さんなどの場合には、免疫力がとても少ないために、このことによって、命を落としてしまうケースもあるのです。

インフルエンザの数は、このようにとてつもない数が次から次へと生まれており、健康を維持することは、並大抵のことではありません。かなりの規則正しい生活と、十分すぎる除菌などやケアが必要になっています。